インターン対策

【インターン解説2】インターン参加のメリットは?実施目的って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「就職活動前にインターンを経験しておいたほうがいい」
そんなことを言われたことはありませんか?

現在では学校や企業も、学生がインターンに参加することを推奨しています。ではインターンを経験すると、どのような良いことがあるのでしょうか。

インターンにはさまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。インターンの種類別にどんな特徴があるのか、詳しくまとめています。今後どんなインターンに参加するか決める際の参考にどうぞ!

インターンの目的は?

そもそもインターンとはどのような目的で行われているのかご存知ですか?

実はインターンとは、学生だけでなく企業にとっても有意義なプログラムなんです。学生側・企業側それぞれの視点から、インターンの目的について考えてみましょう!

学生がインターンに行く目的

インターンはインターンシップの略称です。簡単にいうと「就業体験」を目的としています。社会人と同じように、会社に出社し、一定期間職場体験を行うことをインターンシップといいます。

しかし、学生にとって仕事を経験できる場はインターンシップだけではありません。アルバイトやボランティアでも就業体験はできます。

では、インターンと、アルバイトやボランティアとの目的の違いは何でしょうか?

アルバイト:本業や学業のかたわら、収入を得るための仕事をすること(デジタル大辞泉より)
ボランティア:自主的に社会事業などに参加し、無償の奉仕活動をすること(デジタル大辞泉より)

簡単にいうと、アルバイトの目的は「収入を得ること」、ボランティアの目的は「社会奉仕」となります。

一方で、インターンシップの目的は「業界や業務内容を知ることで、職業選択のヒントを得たり、自分の適正を判断できるようになること」です。また、インターン中に行う業務を通して「自分のスキルアップ」も期待できます。

企業がインターンを受け入れる目的

インターンを実施するにあたって、企業側には少なからず負担がかかります。しかし、その負担を超えるだけの目的がいくつもあるのです。

優秀な人材とコンタクトを取ること

インターンを実施すると、企業は高校生から大学4年生までのどの学年でも受け入れることができます。これにより、企業側としては早期に優秀な学生とコンタクトが取れるというメリットがあります。

就活解禁より先に縁を作っておき、優秀な学生が就活の時期になったときに声をかけるということもあるようです。

ミスマッチを防ぐことができること

近年では、新入社員の早期離職が社会問題となっています。新入社員の早期離職が起こる原因は、「こんなはずじゃなかった」という学生と企業のミスマッチが多くを占めています。

たった数回の面接では、企業と学生がお互いをよく理解し合うことは難しいものです。そこでインターンを実施して共に業務を行うことで、学生と企業の相互理解を深めることができるのです。インターンを通じて、学生側は業界や企業への理解を深め、企業側は学生の特性や適性を見ることができます。

それだけではなく、学生を受け入れることで社内に活気が生まれたり、「インターンを受け入れている」ということ自体が企業のプロモーションになったり、複数のメリットがあります。

学校がインターンを推奨するのにも理由がある?

学校がインターンを推奨する理由は、学生の社会理解に役立ててもらうためです。学校やアルバイトだけの生活では、年代の近い同じような価値観の人との関係がほとんどになってしまいがちです。それではいざ社会に出たときにギャップを感じてしまうことも少なくありません。

企業ではさまざまな年代の社会人の価値観に触れることができます。人間関係や考え方が広がるのと同時に、業務を遂行することで得られるスキルは、その後の就活にも有利に働くことが多くあります。

学生が就活をスムーズに進めるための準備として、学校はインターンへの参加を勧めているのです。

また、学校がインターンを推奨する目的はもう1つあります。それは、関係のある企業とご縁を温めるためです。

インターンを受けた学生が実際にその企業に採用されれば、今後その企業に後輩がOBOG訪問できる可能性が広がります。大学にはインターンを通して、企業との関係を温める目的もあります。

種類別!インターンのメリットとデメリットとは?

インターンシップには企業規模・実施期間・プログラム内容によって、さまざまな種類があります。それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのか、見ていきましょう。

【企業規模別】インターンのメリット・デメリット

大手企業でインターン

【メリット】
・大手ならではの練られたインターンシップコンテンツを体験できる。

博報堂では1週間程度の短期インターンで、はじめの3日間は社内で講義とワークショップ形式、その後は場所を変えて2泊3日の合宿形式で博報堂の理念について学ぶという形を取っています。

また、三井住友海上火災保険では、グループワークを中心とした最大15日間のプログラムとなっており、現役社員との交流を通した生の仕事感に触れることができます。

練られたコンテンツを体験することによって得られるスキルは、その後の就活において有利に働くでしょう。

【デメリット】
・倍率が高く、そもそもインターンシップに参加できない。

大手企業のインターンを受けた事実が就活に有利に働くと思ってはいけません。重要なのはどこのインターンに参加したのかではなく、インターンを通して何を学んでどう成長したのかという点です。大手企業のインターンに参加することをゴールとしていると、何も学びを得られないという結果に終わってしまうかもしれません。

ベンチャー企業でインターン

【メリット】
・たとえインターン生であっても裁量が大きく、責任ある仕事を任せてもらえることも多い。
・経営者と距離が近い。

言われたことをこなすだけではなく、「どうすればできるのか?」が求められ、あなたのアイデアがそのまま採用されることもあります。

任せてもらえる業務の範囲が広い分、責任感はありますが、ベンチャー企業のインターンを通して得られるものは大きいでしょう。

また、社長など企業のトップと話す機会も多くあります。将来的に起業や独立を考えている学生にとっては、生の声を聞くことができる貴重なチャンスです。

【デメリット】
・自由な仕事が多い分、スケジュール通りに進まない。

先を見通したプログラム型のインターンシップがしたい学生にとってこれはデメリットとなりそうです。

また、ベンチャー企業は社員の数も多くなく、教育体制も整っていないことが多いです。「次は何をすればいいですか?」と指示待ちをしていたら、得られる学びも薄いものとなります。積極的に行動することが求められます。

【実施期間別】インターンのメリット・デメリット

短期・中期インターンの魅力

期間は、2日から3週間程度です。中には1Dayインターンといって会社説明会のようなインターンもあるようです。目的としては「短期間で会社の全体のイメージを掴んでもらう」ことがあげられます。

【メリット】
・実際に会社に赴き、社員と触れ合うことで、ホームページではわからない企業の雰囲気を肌で感じられる。
・会社全体を短期間で要所のみ知ることができるので、効率がよく手軽に始めやすい。
・参加する学生の人数も多く、学生同士の交流を図ることも期待できる。

【デメリット】
・短期がゆえ、実務とは異なった、ワークのような課題を設定されることも多く、実務を肌で感じることはできないかもしれない。
・短期間がゆえ、説明のみ、ディスカッションのみで終わってしまうことが多く、実務に関わることはできないかもしれない。

期間がかからないので、多数の企業のインターンを受けることができます。しかし、実際の会社の雰囲気や働きぶりまでを知りたいと思う学生には不向きと言えます。

長期インターンの魅力

期間は3ヶ月~半年ほどのものが多く、期間を定めず、1年単位で行われることもあるようです。
目的としては、「実務を通して事業理解をしてもらう」ことがあげられます。はじめは補助的な業務からではありますが、長期ですのでやる気や能力によっては社員と同等の裁量を与えられることもあるようです。

【メリット】
・3ヶ月~半年という長期での実務を通して、企業や業界に対して生きた知識を学ぶことができる。
・業務自体のスキルアップのみならず社会人としての考え方を学ぶことができる。
・中小企業やベンチャー企業の場合は経営者とも話すことができ、他の学生とは違った経験をすることができる。

【デメリット】
・長期に渡るため時間の使い方が難しい。
・本業である学業に影響が出ないように注意する必要がある。

また長期インターンには、お給料をもらえるインターンもあります。実務経験を積んで社員と同等の能力を備えることができるインターンでは、有給型となることが多いようです。

【プログラム内容別】インターンのメリット・デメリット

選考直下型インターン

【メリット】
・志望企業が定まっている学生は、インターンに参加することで採用への道を掴むことができるかもしれない。
・実際にどんな業務をしているのか体験することによって、志望動機がより深まる。
・顔を覚えてもらうことで、就活時に有利に働くこともある。

【デメリット】
・志望企業だけに詳しくなり、他の業界や企業の研究が乏しくなって、結果的に就職先の幅を狭めてしまう可能性がある。
・優秀なインターン生を企業が囲い込むこともあり、他の企業の選考を受けることに対して圧力をかけてくる事例もある。

さまざまな企業を見たうえで就職先を決めた方がいいかもしれません。

体験型インターン

これは、企業から「新商品を売り出すための新しいプロモーション方法は?」「ユニバーサルデザインを視野に入れた新商品を開発せよ!」などの課題が出され、それをインターン生同士で協力しながらミッションを遂行していく形のインターンです。採用選考の一環として行われている可能性もあるようです。

【メリット】
・インターン生同士で協力してミッションを遂行することで、課題解決能力が上がる。

決められた時間内に課題の解決方法をまとめる能力は社会人になっても重要視されるものです。一度経験しておけば、就活時のグループディスカッションなどでも能力を発揮することができるでしょう。

【デメリット】
・ワークショップで出される課題によっては、実務とは程遠く、企業理解には繋がらない。
・学生同士の相互理解は深まるが、社員とコミュニケーションする機会は少ない可能性もある。

インターンで良い成績を出せたから入社を決めたとしても、いざ入社するとイメージが違ったということが起りえるのもワークショップ型の特徴と言えます。

どういうインターンを選べばいいの?

紹介してきたように、インターンにはたくさんの種類があります。それぞれに良い部分・悪い部分があるため、はっきりとした正解はありません。

志望企業のインターンに参加してみるのもいいですし、今まで興味がなかった業界に思い切って飛び込んでみるのもいいかもしれません。就業体験ができるのは、今のうちだけです。

また、インターンの内容は企業によって異なります。志望する企業が、必ずしも自分の望むインターンプログラムを組んでいるとは限りません。しかし、どの内容のインターンに参加するにしても、それぞれのメリット・デメリットを把握しておくことは大切です。

メリット・デメリットを把握することで、「短期のインターンに参加することになったけれど、実際の業務を体験できないかもしれない。」という場合には、実際の業務を理解できるような質問を用意しておくなど、企業理解を深めるための対策を練ることができます。

さいごに

インターンを考えているあなたに伝えたいことがあります。

社会人になると「チャンスは不平等」です。インターン期間中はあなたも社会人として扱われます。積極的に動いてチャンスを掴み取りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「あいのりインターン」を経験してみませんか?(参加費無料)

1回の参加で4社のインターンが経験できる福岡発のプログラム、それが「あいのりインターンシップ」です。

気になっていた地元企業はもちろんのこと、これまで名前すら知らなかった一風変わった優良企業とも出会えるチャンスです。4日間であなたの目に映る世界が大きく変化する新感覚インターンシップを体験してみませんか?

あいのりインターン無料申込

コメントを残す

*