インターン対策

「インターン私服OK」を完全攻略!季節別コーデやNGアイテム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

学生の間に社会経験を積むインターンシップ。営業に同行したり、学生のプロジェクトチームを結成したりと、いろいろな業界で多種多様なインターンシップが行われています。

そんな中、インターン生であっても会社の一員として、スーツ着用が指定されている企業がほとんどです。

しかし最近は、私服での参加や服装を指定しない企業がだんだんと増えているようです。

「私服で構わないと言われたけど、どんな服を着ていけばいいんだろう?」
「服装自由ってホントになんでもいいの?」
「オフィスカジュアルってどんな服装のことなの?」

など不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、インターンで企業が私服を推奨する理由や、インターンに適したおすすめのアイテムを解説していきます!

企業が私服を指定する目的とは?

スーツ着用のインターンが多い中、なぜ私服でも参加可能な企業があるのでしょうか。企業があえて私服を指定する目的を紹介していきます。

①学生の人柄や性格を見たいから

インターンでスーツ着用を指示すると、場に緊張感を持たせられるというメリットがあります。しかしその一方で、全員が同じ服装になってしまうことから、少ないコミュニケーションの時間では個性を見つけることが難しくなってしまうと考える企業もあります。

服装から参加学生の人柄や性格、日常の様子などの個性を知るべく、私服を指定する企業もあるようです。

②普段通りの力を発揮して欲しいから

スーツを着用してインターンに参加することで、必要以上に気を張り詰めてしまい、普段通りの力が発揮できないというケースはよくあることです。

なるべく普段通りの姿で業務に取り組んで欲しいと考え、私服を推奨する企業もあります。また、体を使う業務などインターンの内容によっては、私服のほうが効率的で集中できるという場合があります。
インターンの内容をあらかじめ確認した上で、私服のほうが良いと思われる場合は、企業の担当者に相談をしてみましょう。

③働いている人が私服だから

インターン先企業の社員が普段から私服で働いている場合には、インターン生にも「自由な服装で」と考える傾向があります。また、個人の雰囲気や人柄などを重視している企業であれば、服装への制約がないというケースも考えられます。他にも、アパレル業界など服のセンスが問われるような職業なら、スーツよりも私服のほうがお客さんからの印象が良くなる、ということもあります。

社員さんが普段、どのような服装で働いているのかに目を向けてみることも、適切な服装の考え方の一つです。

④学生の対応力を知るため

企業の中には就活生それぞれの対応力を見ているケースもあります。

この場合であれば、スーツ・私服どちらを着用しても問題ありませんが、大切なのは「その服装にした理由」です。どちらを着用するにしても、なぜその服を選ぼうと思ったのか、その根拠が重要です。

その企業の理念や業務内容を参考に、適切な服装を考えてみましょう。本当に迷ったら、採用担当者に確認する方法もありますが、柔軟な判断ができる人は仕事での活躍も期待できると思われるでしょう。

「私服」の意味、間違えてない?

インターンにおける私服とは、皆さんが普段着ている服装という訳ではありません。企業はあなたの普段着や、ましてお洒落な服装が知りたいわけではないのです。

服装が自由な場合であっても、なるべくオフィスカジュアルでインターンに参加しましょう。

「オフィスカジュアル」とは?

先ほども説明をしましたが、インターンの場における私服とは「オフィスカジュアル」のことを指します。

オフィスカジュアルとは、言うなればスーツでなくても締まる服装のこと。オフィスでスーツを着ない企業だと、このようなオフィスカジュアルといわれる服装で仕事をしている場合が多く見られます。

インターンでおすすめ!オフィスカジュアル【男性編】

ここからは、インターンで好印象を与えるオフィスカジュアルのコーディネートを男女別にご紹介します。悩んでいる学生のみなさんはこれを参考にしながら、季節に応じた自分らしいコーディネートを考えてみましょう!

男性のオフィスカジュアルおすすめコーデ

男性のビジネスカジュアルのおススメコーディネートを、季節ごとにご紹介していきます。何を着ていくべきか迷う方は参考にしてみてください。

1.ジャケット+シャツ

春におすすめのコーディネート。
白いシャツにジャケットを合わせることで、フレッシュな印象を演出できます。ジャケットはスーツジャケットのように堅苦しいものではなく、コットン素材のものでも問題ありません。

2.シャツ+スラックス

夏におすすめのコーディネート。
シャツに履き心地のよいスラックスを合わせるのがおすすめです。スラックスは動きやすさや通気性を重視して選ぶとよいでしょう。最近では通気性の良い麻製のスラックスも売っているので、特に暑い真夏では麻生地のスラックスも快適です。

3.ジャケット+ニット+シャツ

秋におすすめのコーディネート。
シャツの上にニットなどを一枚羽織り、見た目と機能性を兼ね合わせたコーディネートがおススメです。また上着としてジャケットを持っておくと安心です。

4.トレンチコート+ニット+シャツ

冬は秋と同様のニット+シャツという定番セットに加えて、トレンチコートが必須アイテムです。黒やダーク系のトレンチコートを選ぶと、落ち着きがありスマートな印象を相手に与えます。

男性のオフィスカジュアルおすすめアイテム

1.ジャケット

ジャケットはオフィスカジュアルの定番アイテムです。ジャケットには様々なタイプがありますが、カジュアルすぎるものは避けましょう。色は「グレー」や「ネイビー」がおすすめです。

2.白シャツ

ジャケットの下に着るものはシャツが無難です。色は白、もしくは薄めの色で、シンプルなデザインのシャツがおすすめです。

3.チノパン

パンツはジャケットに合わせやすいチノパンがおすすめです。シュッとしたタイプのものが望ましいです。色は「黒」「ネイビー」「ベージュ」「グレー」などのベーシックカラーを選びましょう。

4.革のバッグ

カバンはA4サイズの書類が入る、革のトートバッグがおすすめです。色は黒か茶色、シンプルな見た目のものが良いでしょう。普段使いのカジュアルなバッグはNGです。特に派手な色や柄のもの、そして高級ブランドのものも避けましょう。

5.革靴

あくまでインターンの場ですので、先の尖ったものやギラギラした靴は相応しくありません。シンプルな革靴を選びましょう。

6.スエードシューズ

革靴を持っていない場合はスエードシューズで代用しましょう。スーツなどフォーマルな服装には合いませんが、オフィスカジュアルであればスエード素材でもOKです。

インターンでおすすめ!オフィスカジュアル【女性編】

女性のオフィスカジュアルおすすめコーデ

女性のオフィスカジュアルを紹介を解説してきます。基本マナーを押さえつつ、インターンの季節ごとに取捨選択をしてください。

1.シャツ+フレアスカート

春におすすめのコーデ。
シャツに膝丈のフレアスカートで、フレッシュな印象を演出出来ます。スカートは春らしく薄いピンクや水色を選ぶと爽やかで好印象です。肌寒い日はカーディガンを羽織りましょう。

2.ブラウス+タックパンツ

夏におすすめのコーデ。涼し気な素材のブラウスをチョイスしましょう。肌触りのよいタックパンツを合わせると暑い日でも快適に過ごせるのでおすすめです。

3.ワンピース+ジャケット

秋におすすめのコーデ。「ネイビー×グレー」「パステルカラー×ブラック」などの華やかになりすぎないような組み合わせをするのがポイントです。

4.トレンチコート+ニット+シャツ

冬におすすめのコーデ。シャツの上にニットを着用しましょう。スカートよりもタックパンツを合わせた方がグッとオフィスカジュアルになります。ベージュのトレンチコートがあると春先まで使えて便利です。

女性のオフィスカジュアルおすすめアイテム

①モノトーン・パステルカラーのアイテム

女性の場合、モノトーンやパステルカラー、アイボリーなどのシンプルな色・柄のアイテムを着用するのが主流です。派手な色や柄のものは避け、清潔感を感じさせるものを選びましょう。

②パンプス

服装に合う「黒」や「ブラウン」、ベージュ系のパンプスがおすすめです。ヒールが低く、履きなれたものがベターです。

③ストッキング

肌の色に近いベージュのストッキングを着用しましょう。念のために、伝線してしまったときのために予備も用意しておくと安心です。

④白シャツ

トップスは白いシャツで、シンプルで派手過ぎないものを選びましょう。色付きのシャツでも、淡いブルーやピンク、パステル系などであれば問題ありません。

⑤ワンピース

ワンピースもOKですが、黒やネイビー、オフホワイトなどのベースカラーでビジネスライクなものに限ります。襟元が大きく開いているものや、派手なデザインものは避けましょう。

⑥カーディガン・ニット

カーディガンやニットはオフィスカジュアルの定番アイテムなので2~3着ほど持っていると便利です。ただし派手な色のものは避けましょう。

⑦ブラウス

清潔感を演出できる白のブラウスがオススメ。襟元が大きく開いているものは避け、アイロンのかかった汚れのないものを選びましょう。

⑧タックパンツ

全体がすっきりと見えるタックパンツもオフィスカジュアルにオススメのアイテムです。白いシャツやブラウスに合わせれば、清潔感があり上品に見えます。

⑨トレンチコート

寒い冬のインターンでは、ベージュ系色のトレンチコートがオススメです。トレンチコートは私服に合わせてもスマートな印象を演出することができます。

⑩バッグ

バッグは黒やブラウン系、ベージュ色の落ち着いた革製のバッグがベストです。女性は白やピンクなどのバッグを持っている人が多いと思いますが、カワイイ色のバッグはビジネスシーンには不向きです。

インターンでNGな服装やアイテム

男性のオフィスカジュアルNGアイテム

1.デニム素材

デニム素材のジャケットやパンツは避けましょう。もちろん普段使いであれば問題ありませんが、ビジネスシーンにデニムは相応しくありませんので気を付けましょう。

2.スウェット素材

スウェット素材もビジネスシーンに相応しくありません。カジュアルすぎてしまうので必ず避けるようにしましょう。

3.Tシャツ(ジャケット着用ならOKの場合もあり)

仕事に必要のないアイテムや関係のないオシャレグッズは、着用しないようにするのがビジネスの基本マナーです。必要がなければ帽子は着用しないようにしましょう。

4.帽子

仕事に必要のないアイテムや関係のないオシャレグッズは、着用しないようにするのがビジネスの基本マナーです。必要がなければ帽子は着用しないようにしましょう。

5.リュック・バックパック

リュックは機能性に優れていますが、インターンには適しません。私服OKとはいえ、ビジネスシーンを考えるとビジネスバッグで参加するのが望ましいでしょう。

6.サンダル

夏のインターンであっても、サンダルやビーチサンダルで参加するのはマナー違反になりまます。企業によっては悪い印象を与えてしまう可能性もあります。注意しましょう。

7.ハーフパンツ

インターンに参加する際の私服で、ハーフパンツもNGになります。「私服OK」と言われていても、カジュアルすぎる格好をしていくと、「TPO(時・場所・場面)が分からない学生だ」と判断されてしまいます。

8.スニーカー

服装が整っていても足元がスニーカーではアンバランスです。インターン参加時はなるべくスニーカーも極力避け、革靴を履く方が無難でしょう。

女性のオフィスカジュアルNGアイテム

1.オフショルダートップス

最近人気のあるフェミニンなオフショルダートップスですが、ビジネスシーンに相応しくありませんので控えましょう。

2.ミニスカート

過度な肌の露出はビジネスシーンにはふさわしくありまえせんので、ミニスカートはNGになります。スカートを着用する場合は、短すぎず長すぎない膝丈がベストです。

3.デニム素材

デニム素材のアイテムは、くだけすぎているためオフィスカジュアルには適していません。ジーンズやデニムスカートは避けましょう。

4.ビビッドカラーのアイテム

大胆なビビッドカラーはビジネスシーンには不向きです。オシャレさよりも「清潔感」を重視して、ベースカラーや淡めのカラーを選択しましょう。

5.帽子

日差しが気になるサマーインターンでも、帽子をかぶるのはNGです。仕事に必要ないアイテムは避けましょう。

6.リュック・バックパック

街でリュックを背負って移動する社会人を見かけることもありますが、インターンの場合はカジュアルすぎるリュックは避けるのがベターです。

インターンシップの服装で迷った時は

企業によって「服装自由」と書かれているものもあれば、「私服」と指定があるものまで、さまざまです。そんな時の服装の選び方を紹介していきます。

「服装自由・指定なし」と書かれていた

会社からのメールや、開催要項に「服装自由もしくは指定なし」と書かれていた場合は、スーツで参加するのがおススメです。言葉をそのまま捉えると「どんな服装でも構わない」という意味ですが、私服を指定していない分、スーツで向かって失礼にあたることはありません。私服で参加しているからといってマイナスな印象になることはありませんが、「服装自由」と設定しつつ、どのような服装で参加するのかを見られている可能性もあります。

何か特別な理由がない限り、スーツで参加した方が無難な選択と言えるでしょう。

「平服でお越しください」と言われた

「平服でお越しください」と書かれていた場合、スーツではないが、ジャケットなど正装に近い服装で向かうのがおススメです。平服とは「略礼服」の意味で、普段着のことではありません。これは、スーツと普段着の中間的な立ち位置を表している言葉です。カジュアルスーツを持っているのであれば、それを着用するのがベストといえますが、スーツでも問題はありません。

「私服でお越しください」と言われた

「私服でお越しください」と言われた場合、オフィスカジュアルの服装で向かうことをおススメします。「私服」と指定がある場合、リクルートスーツで向かうことが失礼になってしまうことも考えられます。特に理由が理由がなければ素直に私服を選択しましょう。

「何も書かれていない」場合

服装について何もアナウンスがない場合、基本的にスーツを着用するようにしましょう。ビジネスの場では、「スーツ」を着るのが基本です。「ビジネスカジュアル」など服装を指定された場合は、指示に合わせるのが良いでしょう。どうしても気になる方は、直接メールや電話で採用担当者に聞いてみるのもよいかもしれません。

私服ではない私服「オフィスカジュアル」。いかがでしたでしょうか。普段、あまりおしゃれに興味の無い方は特に不安に感じられるかもしれませんが、なにもかわいい服やかっこいい服を着る必要は無いのです。

派手過ぎずラフ過ぎない、清潔感のある服装を心掛ければ、ほどんとの場合で問題が起こることはありません。

TPOをわきまえ、より良いインターンシップを過ごしましょう!

「あいのりインターン」を経験してみませんか?(参加費無料)

1回の参加で4社のインターンが経験できる福岡発のプログラム、それが「あいのりインターンシップ」です。

気になっていた地元企業はもちろんのこと、これまで名前すら知らなかった一風変わった優良企業とも出会えるチャンスです。4日間であなたの目に映る世界が大きく変化する新感覚インターンシップを体験してみませんか?

あいのりインターン無料申込

コメントを残す

*