就活対策

平均勤続年数が短い=ブラック企業ではない!企業情報の読み解き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

就活やインターンの事前準備で、皆さんはどうやって企業情報を調べていますか?

ナビサイトや公式ホームページなどを活用し、企業理解を深めていく人も多いと思います。企業の社風や環境を確認する指標として、分かりやすいものの1つが「平均勤続年数」。

一般的には平均勤続年数が長ければホワイト企業、短ければブラック企業、と言われます。しかし、そうとは限らないということをご存知でしょうか?

他にも見るべき指標がありますし、自分がどういう働き方をしたいのかによっても「平均勤続年数」の解釈は変わるってくるのです。

そこで今回の記事では、就活やインターンの際に役立つ「平均勤続年数」の読み取り方を解説していきます!

平均勤続年数はどう見るべき?

平均勤続年数とは、その会社に「在籍している社員の勤続年数の平均」のことです。その会社に「入社した人が退社するまでの年数の平均」ではないので注意しましょう。

平均勤続年数が短い=ブラックではない!

平均勤続年数は「在籍している社員の勤続年数の平均」です。

大半の社員が新卒で入社して定年まで勤める会社であったとしても、若手社員の割合が多ければ平均勤続年数は短くなります。「事業を急拡大して新卒を多く採用した」「そもそも会社の設立してから年数が経っていない」など平均勤続年数が短くなる理由はさまざまです。

逆に、労働環境が悪く人の入れ替わりが激しかったとしても、その時点で在籍している社員が長く働いていれば平均勤続年数は長くなります。

あわせて参考にしたい指標

いろいろな企業情報をみることで、より色濃く会社の良さが見えてきます。「平均勤続年数」とあわせて、労働環境を判断する際に見ておきたい企業情報を紹介します。

離職率

この指標は一定期間に離職した人の割合です。「どれくらいの人が辞めているか」の指標になります。平均勤続年数のように、企業の年齢や規模の推移の影響をあまり受けません。長く働く人が多い会社に入りたいなら、離職率が低い会社を狙うと良いでしょう。

新卒採用の状況

平均勤続年数が短いということは、若手社員の数が多いのかもしれません。若手社員の数が多い会社には活力があり、意見が言いやすい環境があるとも考えられます。近年の新卒採用の状況もチェックして判断しましょう。

業績 (財務諸表)

直近での採用がない場合で、平均勤続年数が長いケースでは、会社が衰退していることを意味する場合があります。業績が伸びなくて人数を増やせず、長く勤めている社員だけが残っているかもしれないためです。

新卒採用の状況と併せて、企業規模や売上がこれまでどのように推移しているかという情報にも着目しましょう。

会社の沿革

昔からある企業でも、最近成長して新卒をたくさん採用したという場合は、若手社員が多くなり平均勤続年数は短くなります。ホームページや経営者へのインタビューなどから会社の沿革を見て、どのような歴史を辿ってきたかも確認してみましょう。

平均勤続年数が長い企業の特徴

「平均勤続年数が長い」企業には、どのような特徴があるのでしょうか?良い点に着目して紹介します。

特徴その1:経営が安定している

景気や社会情勢の影響を受けて、経営が悪化する企業も少なくありません。経営改善のために、従業員をリストラしてしまう場合もよくあります。

「平均勤続年数が長い」と「その企業で長く働いている人が多い」と読み取れます。今まで景気や社会情勢の波に耐えて、従業員のリストラを迫られるような危機を防いできた証です。つまり、経営が安定している企業と判断することができます。

特徴その2:企業の歴史が長い

創業から100年以上の歴史を持つ老舗企業では、会社の基盤が強く、長い年月を掛けて自分のスキルを高められる環境が整っている傾向にあります。そのため、長く働くという選択肢を選びやすく、会社の歴史と合わせて勤続年数も長くなるのです。

特徴その3:福利厚生がしっかりしている

企業で働いていると、将来のキャリアアップに不安を覚えたり、子育てや病気などで働きたくても働けなる場合も出てきます。そんな時でも、産休・育休制度や、資格取得支援など働きやすい環境が整っている企業であれば、安心して働くことができます。結果として平均勤続年数が長くなるのです。

平均勤続年数が短い企業の特徴

では一方で、平均勤続年数が短い企業には、どのような特徴があるのでしょうか?

特徴その1:事業が拡大している

会社の成長が著しく、事業を拡大している企業では、新しい事業を担う人材を積極的に採用します。新卒も中途も、採用した日から働いた年数が勤続年数になるため、平均値として勤続年数が短くなる傾向にあります。

特徴その2:創立したばかり

ベンチャー企業やIT企業など、会社が誕生してそれほど月日が立っていない企業の場合、企業の創立数よりも長く働いている人がいません。そのため、必然的に平均勤続年数が短くなります。

特徴その3:若手社員が多い

若手社員が多いと平均勤続年数が短くなります。説明会や企業の採用ページなど、理由を調べてみるのもよいでしょう。

2019/1/19の日経新聞によると、エーザイは応募に応じた300人(45歳以上)の早期退職を決定し、代わりに新卒採用を40人から100人規模へ増やすそうです。組織の若返りを図る狙いがあるそうで、こういった場合も若手が増えるため平均勤続年数が短くなります。

まずは企業を知ろう!

ここまで平均勤続年数の読み解き方を紹介してきました。

平均勤続年数と、創業年や業績などの指標をあわせて見ることで、正しく企業の実態を読み取ることができます。しかし、企業の実態を知るための方法は他にもあります。

数字だけでは分からない会社の魅力

ナビサイトや会社説明会の資料に書いてある情報だけで、その企業の魅力を理解することは容易ではありません。履歴書やエントリーシートだけでは、あなたの魅力の全てが伝わりきらないのと同じです。

会社の定量的な情報に加え、その企業での働き甲斐など、定性的な情報にも目を向けるようにしましょう。

自分がやりたい仕事とは?

企業の魅力をたくさん見つけられても、どの魅力に自分は惹かれるのか、判断の基準がなければ企業を選ぶことはできません。業界研究を通して企業の魅力を十分に探れたら、そこからどの魅力に惹かれているのか考えつつ、自分がやりたい仕事について考えてみましょう。

敵を知り、己を知る。いうなれば業界・企業研究と自己分析は両輪なのです。2つ揃って始めて前進することができます。

インターンで覗いてみよう!

そうはいっても、実際の社風や現場での働きがいなど、定性的な企業の魅力を知ることは簡単ではありません。

しかし、インターンシップに参加すれば、自分の経験として企業を知ることができます。インターンに参加して、仕事のリアルを体験してみることで、初めて分かる自分の向き・不向きもあるはずです。

積極的にインターンなどの社会を経験をできる取り組みにチャレンジして、自分の将来に合った企業選びを行いましょう。

「あいのりインターン」を経験してみませんか?(参加費無料)

1回の参加で4社のインターンが経験できる福岡発のプログラム、それが「あいのりインターンシップ」です。

気になっていた地元企業はもちろんのこと、これまで名前すら知らなかった一風変わった優良企業とも出会えるチャンスです。4日間であなたの目に映る世界が大きく変化する新感覚インターンシップを体験してみませんか?

あいのりインターン無料申込

コメントを残す

*