就活対策

【面接で有利】支店見学で志望度が丸分かり!見学すべきその理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

地方のみなさんが企業へ就職する際には「支店見学をしたほうがいい」とよく耳にしませんか?とはいえ「支店見学と言われても…」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では

・支店見学は内定に影響する?
・どうやってアポイントをとればいいの?

などの不安を持っている方が支店見学に参加しやすくなるように、就活お役立ち情報を紹介します!

面接で聞かれるケース有り!?「支店見学はされましたか」

業界によって、面接でよく聞かれる定番の質問があります。その一つが「支店見学はされましたか?」です。

支店見学をしたかどうか確認することで、面接官は何を知りたいのでしょうか?その質問意図を考えてみましょう。

気になるのはあなたの志望度!

企業が新卒採用をするには、実はそれなりのコストがかかります。
2018年の新卒内定状況調査によれば、新卒1人あたりの採用コストは平均して約48万円だそうです。採用にはお金がかかることから、企業は内定辞退されるリスクを減らしたいと考えています。

内定辞退されるリスクを減らすために、企業は自分の会社を第一志望としている学生さんを選びたいのです。しかし、面接で「弊社への志望度は?」と直接聞いても、多くの学生さんは「御社が第一志望です」と回答します。私自身のことも告白すると、どの会社にも「第一志望です」と回答した経験があります。

そこで、会社への志望度・関心度の高さをチェックするために、面接官は「支店見学の有無」を質問するのです。志望度や関心度が高ければ、会社に関する情報を積極的に集めようとしているはずだ、という認識を多くの面接官が持っています。

つまり、支店見学をしていれば、面接官に志望度が高いことをアピールできるのです。

企業の求める人物像「主体性のある人」「積極的な人」って?

企業の採用ページをチェックしていると「求める人物像」という項目があると思います。多くの場合「自ら考え、行動できる人」や「コミュニケーション能力の高い社交的な人」といった、ちょっと抽象的なことが書かれています。

ここで少し、自分の経験を振り返って考えてみてください
誰にでも気軽に声をかけて会話を楽しんでる人を見て「コミュ力高いな~」と思ったことはありませんか? 一方で、初対面の人から「私はアルバイト先で接客を担当していたので、コミュニケーション能力には自信があります!」と言われて、その人のコミュ力がどれくらいか判断できるでしょうか?

ここで言いたいことは「◯◯な人」というのは他者から見た評価であって、自己申告だと伝わりにくい、ということです。

支店見学に話を戻します。
支店見学は、会社に勤めている人と接点をつくる絶好の機会でもあります。そこで業務内容や仕事のやりがいについて話を聴いたり、自分なりの気づきを添えたお礼メールを送ったりすれば、「積極性」や「社交性」を行動で示せるのです。

会社を知ろうとする姿勢や行動力を見てもらえれば、「この学生は意欲的だ」といった会社側から見た評価につながります。もちろん100%とは言い切れませんが、就活にプラスの影響を与え、チャンスを広げる意味で支店見学は有効です!

支店見学で分かること ~企業理解度を深めよう~

支店見学は、その会社への理解度を深めるのに役立ちます。
具体的にどのようなことが分かるのか、支店見学でどのようなポイントに注目すればいいのか、ご紹介します。

(1)支店の雰囲気

会社に入って一番最初に配属される場所が支店、というケースは少なくありません。実際に働くことになるかもしれない場所がどのような雰囲気なのか、この機会に注目してみましょう。

また、業界によっては支店がお客様との窓口になっているケースがあります。
そういった支店では、お客様の会社に対する印象が支店での対応によって決まることもあり、言葉遣いや身だしなみに細心の注意を払っています。支店で働いている人が、どのような接客を行っているのか、どういった点に注意を払っているのか、自分がもし働くならという想像も膨らませながら確認してみましょう。

他にも、営業拠点としての支店というケースもあります。
営業先は法人・個人のどちらなのか、電話対応の頻度はどれくらいか、営業ツール(冊子資料やiPadなど)をどのように活用しているのか、営業部所内での連携は?といった点に注目してみましょう。それぞれの会社・支店で違った営業ノウハウがあるはずです。いくつか支店を見学して、違いを分析してみるのも面白いかもしれません。

(2)はたらく人の様子・仕事内容

支店の中にも、いくつもの業務があり、それぞれが役割を分担して仕事をしています。
接客や電話対応を担当する窓口、営業情報をまとめて提案するプランを練る部署、経理など事務作業を行う部署など、その支店にはどのような業務があるのか、それぞれどんな人が担当しているのかに注目してみましょう!

(3)あなたの志望度

支店見学をして、その会社に対する理解度を深めることで、あなたの志望度が再確認できます。「仕事内容がイメージと違った」「雰囲気が合わなさそう」と志望度が下がるケースもあります。逆に「プランニングの業務は知らなかったけど、面白そう!」「接客で自分の会話スキルを活かせるかも!」と志望度が上がるケースもあるでしょう。

大切なのは、支店見学を通じて、実際に自分が働いている姿をイメージしてみることです。
そうすれば、志望動機や自己PRの内容を充実させやすくなり、さらには入社後のミスマッチも少なくなります。

積極的に支店見学へ参加してみましょう!

「そうだ 支店見学、行こう」

支店見学に行きたいけど、どうやって申し込めばいいのか分からない…そんな悩みを抱える人は多いのではないでしょうか?

そこで、支店見学の申し込み方法について紹介したいと思います!

アポイントを取ろう!

支店見学には、お客様の立場で訪問する方法と、就活生として訪問する方法があります。

お客様として支店に行く場合は、基本的にアポイントを取る必要はありません。しかし就活生として訪問する場合は、事前にアポイントを取ることが望ましいです。

支店に事前連絡をして、訪問する日程を調整しておくことで、見学当日に担当の職員さんが付いてくれるケースがあります。せっかく支店を見学しに行くのだから、少しでも多くの情報を得て帰りたいですよね。担当の職員さんがいれば、業務内容や支店の特徴などを質問する機会があるかもしれません。

また、アポイントを取ると、支店見学で訪問した記録が会社に残る可能性が高いです。名前を覚えてもらうためにも、アポイントを取って支店見学をしましょう!

支店見学の受付窓口がある場合

企業によっては「支店見学を歓迎しています」とあらかじめ公言している場合があります。その場合には、企業が指定している方法で支店見学のアポイントを取りましょう。

ちなみに、就職ナビサイトから申し込む方法や、支店に直接電話をして申し込む方法、メールのやり取りで申し込む方法など、いくつかのパターンがあります。電話やメールでの申し込みの場合は、下記のアポイント方法を参考にしてみてください!

支店見学の受付窓口が不明な場合

まずは見学したい企業か支店に電話をして、支店見学を受け付けているか問い合わせをしてみましょう!

電話でのアポイント方法

「お忙しいところ恐れいります。XX大学の〇〇と申します。私は現在、就職活動を行っており、是非御社の△△支店を見学させて頂きたいと考えております。担当者の方にお話しを伺いたいのですが、よろしいでしょうか?」

もし仮に、支店見学を受け付けていない場合は、この時点で「申し訳ありませんが、支店見学は受け付けておりません」と教えてもらえるはずです。

支店見学を受け付けている場合は、電話窓口の人か担当者の方が、そのままアポイントを受け付けてくれるでしょう。後ほど紹介する注意点に気を付けながら、支店見学の予約を行いましょう!

メールでのアポイント方法

電話をかけるのはちょっと…という方は、メールでもOKです。

例文を参考に、アポイントを取ってみましょう!

あわせて読みたい:【Gmail活用テク付】インターン応募で気をつけたいメールマナー

支店見学の服装は?

支店見学の服装は基本的に自由です!

お客様として支店を見学する場合は、普段通りの服装で問題ないでしょう。
アポイントを取って就活生として支店に訪問する場合は、リクルートスーツが望ましいです。もし、企業側から当日の服装について指定がある場合は、その服装で行きましょう。

いずれの場合も、身なりを整え、悪い印象を持たれないことが大切です!

あわせて読みたい:「私服OK」でももう迷わない。インターン時に失敗しない服装選び。

支店見学で気を付けることは?

業界によっては、支店見学の際の様子が支店から採用担当者へ伝わっている、というケースも少なくありません。支店見学に参加する際は「こちらも会社から見られている」という意識をもって取り組みましょう。

具体的に注意すべき点をいくつか紹介します!

業務の邪魔をしない

支店見学はそこで働く人に接触するチャンスではありますが、むやみに声を掛けたり、画面をのぞき込んだりといった行為は控えましょう。また、アポイントを取るときも注意が必要です。電話を掛ける時間や訪問する日程を決める際は、なるべく繁忙期を避けましょう。

電話であれば、電話窓口がオープンしてすぐの時間帯は忙しい場合が多いです。窓口が開いてから1~2時間後に連絡するように心がけましょう。

日程については、月初・月末や週の初めと終わりを避けるとよいでしょう。業界によって忙しい時期は変わるため、事前に情報を集め、企業が忙しい時期を避けて予定を組めればベストです。

そうすれば、見学担当の職員さんが付いてくれる可能性が高くなり、より充実した支店見学になるというメリットもあります。

言葉遣いに気を付けよう!

見学担当の職員さんが付いてくれた場合、会話の機会が多くなります。そのときは話し言葉ではなく、敬語を使うようにしましょう。そうすれば「しっかりした学生だ」という印象が持たれやすく、マイナスの印象にはなりにくいです。

また、受け答えは「明るく・はっきりと」を意識しましょう。支店から採用担当者へ、支店見学時の様子が伝わっているケースも少なくありません!

「積極性」や「社交性」をアピールするチャンスにもなりうることを忘れずに、支店見学に挑みましょう!

質問をしよう!

せっかく支店見学に来たのですから、業務の邪魔をしない範囲で質問をしましょう。

担当者がいれば、気になる事・知りたい事を聞いてみましょう。ただし、調べればすぐに分かる情報や、答えにくい漠然とした質問はNGです。(いつ創業した企業ですか?今後、業界はどう動くと思いますか?など)

また、見学できる時間は限られています。その場で質問を考えるのではなく、事前に聞きたいことをまとめておきましょう!

あわせて読みたい:【必見】就活生なら自然とできて当たり前?質問タイムの心構えとは

お礼状を書こう!

支店見学を終えたら、あまり日がたたないうちにお礼状を送りましょう!

メールでも、手書きでもOKです。お礼の言葉とともに、支店を見学して気付いたこと・知ることができて良かった点などを添えてメッセージを送りましょう。その際は、誤字脱字に注意して文章チェックを忘れずに!送る内容が不安な場合は、周りの大人(学務課や教員など)に添削をお願いしても大丈夫です。

最後に

支店見学はハードルが高くて参加しにくい…という印象を持っている人も多いかと思います。

しかし支店見学には、HPや企業紹介文からは分からない情報を得られるメリットがあります。実際にその会社で働く人の様子を観察して、自分が働いている姿をイメージしてみる良い機会です。

ぜひ、一歩を踏み出して支店見学に参加をしてみましょう!

「あいのりインターン」を経験してみませんか?(参加費無料)

1回の参加で4社のインターンが経験できる福岡発のプログラム、それが「あいのりインターンシップ」です。

気になっていた地元企業はもちろんのこと、これまで名前すら知らなかった一風変わった優良企業とも出会えるチャンスです。4日間であなたの目に映る世界が大きく変化する新感覚インターンシップを体験してみませんか?

あいのりインターン無料申込

コメントを残す

*