インターン対策

【必見】就活生なら自然とできて当たり前?質問タイムの心構えとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インターンに参加してみると学生から企業の方に質問をする機会というのは、おそらく思っている以上に多いものです。

「なにか質問はありませんか?」と聞かれて、とっさに良い質問をすることは難しいのではないでしょうか?

せっかくのインターン経験をするにあたって、後から「あの時にこれを聞いておけばよかった」ということのないように、想定される質問の機会をまとめました。

インターンは意外と質問をするタイミングが多い?

まずは、質問のタイミングがよくある、説明会・面接・インターン期間中の3つに分けて話したいと思います。

①説明会

説明会の最後には必ずと言ってよいほど企業の方から質問の時間があります。

説明会によっては大人数の場合もあって緊張するかもしれませんが、気になっていることがあれば、周りの人たちの役にも立つかもしれません。思い切って聞いてみましょう。

②面接

いわゆる「逆面接」と呼ばれるもので、「逆にあなたから面接官に聞いておきたいことはありますか?」というものです。

無理に質問をする必要はありませんが、学生から質問が出るかどうかで自社への興味を計っている企業もあるようです。

③インターン期間中

インターンの期間中、その会社の先輩方と過ごす時間の中で質問をすることのできるチャンスは少なからずあるはずです。

向こうからの質問に応えることも大事ですが、 せっかく参加しているのであればさまざまな新しい経験・情報を得たいものです。

会話の中で相手から、より深い話を聞ける質問のテクニックも後述してますので参考にしてみてください。

インターン説明会で質問をするときに心がけたい6つのマナー

質問をする前に大学名と氏名を述べる

自分は相手のことを知っていても、相手はあなたのことを知りません。アンバランスな関係のまま質問をするというのは、失礼にあたるので注意しましょう。

大きな声で質問をする

せっかく良い質問をしても声が届かず、自信なさそうに見えてしまってはもったいないですよね。

大勢の前で発言をすることは想像以上に緊張すると思いますが、思い切って声を出してみることで平常心を取り戻すことができるものです。

要点をまとめて簡潔に尋ねる

ついつい質問の背景などを説明しようとして、前置きが長くなってしまうことは多いものです。しかし、はたから聞いていると、案外その前置きは「余計だな」「長いな」と感じることが大半です。

質問をする際には要点をまとめて、簡潔に尋ねるように心がけましょう。

1回に質問する内容は1個まで

限られた時間の中での貴重な質問の時間ですから、基本的にはどうしても聞きたいこと1つだけに絞って質問をしましょう。

どうしても複数の質問をしたいという場合には、最初に「◯つ質問をしてもよろしいでしょうか?」と相手の承諾を取り付けてから尋ねるのがマナーです。

自分にしか関係のない質問はNG

複数の人が聞きに来ている説明会で自分にしか関係ないことを尋ねるのは、他の方からすると不愉快に思われてしまうかも知れません。

どうしても気になる場合は、説明会終了後に個人的に尋ねに行くようにしましょう。

調べれば分かる質問もNG

せっかく直接質問できる機会なのに「何名くらい働いているのですか?」などの、調べればすぐ分かるような質問をするのはもったいないです。

相手から見ても決して良い評価を得られるものではありません。あらかじめ企業の情報は調べた上で、説明会に臨むようにしましょう。

では、どんな質問が良い質問なのでしょうか?次項でまとめてみました。

悩み別!質問リスト

実際にインターン説明会に参加した人が「ためになった!」という質問を、項目ごとにリストにまとめました。

やりたい仕事が見つかっていない人

・学生時代にどんな経験をしてきたか
・就職活動中、数ある会社の中から現在の企業を選んだ理由
・どんな人が向いているか

実際に社会人経験をしている方のモデルケースを伺うことで、参考にできる生き方のサンプルが増えて、自分自身の意思決定の参考にできます。

自分の将来を具体的にイメージしたい

・仕事をするうえでやりがいを感じる時は?
・インターン生に求める能力は?
・会社に入ってどんな成長ができるか

その会社で働いてみないと分からないことはどんどん質問していきましょう。働くとはどういうことか、どんなことを毎日やっていくのか、イメージを膨らませることができます。

インターン参加企業のことを理解をしたい

・同業他社に対して御社が持つ強みは?
・創業からここまでで、1番喜びを感じたことは?
・会社の中で1番重要視していることは?

どの会社にも企業ならではの社風があります。社風を知るためには創業からのストーリーやその会社が持っている価値観について聞いてみると良いかもしれません。

インターン期間中に役立つ、良い質問をするコツとは?

入社後のイメージを膨らませる

自分事として捉えていると、自然と企業の事業内容や働き方にも興味が湧いてきて、質問も具体的になっていきます。

無理に「良い質問をしよう!」と思わずに、自分が入ったらどんな事ができるかな?こんなことがしてみたいけど実現できるかな?などイメージを膨らませてみましょう。

相手が答えたくなる質問をする

同じ内容の質問でも、尋ね方によって相手の答えが変わることがあります。

まずはYES/NOで答えられる質問(クローズドクエスチョン)から始め、返ってきた答えに対して4W1H(When,Where,Who,What,How)の二の矢を放つことで話を深めることができます。

たとえば、クローズドクエスチョンで「子供の頃から今の仕事に興味があったのですか?」とたずねてから、「いつから将来の仕事として意識するようになったのですか?」や「どんなきっかけがあったのですか?」などと聞いてみると良いでしょう。

さらに、場が温まってきたらWhy?(なぜ)を投げかけてみることでより突っ込んだ内容を掘り出すことができるはずです。

聴き方にもこだわってみよう

ここまで質問の仕方や心構えについて解説してきました。しかし、どんなに良い質問をしても、残念に感じられてしまうことがあります。それは聴き方が悪い場合です。

逆に聴く姿勢が良いと相手はもっと話したくなり、より深い内容を引き出すことができます。人間はよく聴いてくれる人に向かって話したいと思う傾向があるので、自分の質問だけして終わりというのではNGです!

しっかり他の人が質問をしているときでも話している人の方向に身体を向け、大きくうなずきを入れながら聴くように心がけてみましょう。場の雰囲気がぐっと良くなるはずですよ。

あとは実践あるのみです!質問上手&聴き上手になるためにも、1度に4回おいしい【あいのりインターン】へ参加してみてください。4社の営業や企画職をそれぞれ経験できるので、質問も見つけやすいはず!

「あいのりインターン」を経験してみませんか?(参加費無料)

1回の参加で4社のインターンが経験できる福岡発のプログラム、それが「あいのりインターンシップ」です。

気になっていた地元企業はもちろんのこと、これまで名前すら知らなかった一風変わった優良企業とも出会えるチャンスです。4日間であなたの目に映る世界が大きく変化する新感覚インターンシップを体験してみませんか?

あいのりインターン無料申込

コメントを残す

*