インターン対策

伝わるエントリーシートの作り方!読み手を惹き付ける7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

突然ですが、インターンシップの選考に何社応募しましたか?まだ応募したことがない人には馴染みがないかもしれませんが、インターンシップの選考が行われる際に必ずと言っていいほど苦戦してしまうのがエントリーシート(略してES)です。

多くの場合、エントリーシートの提出が企業と学生が接点を持つ最初のポイントになっており、エントリーシート=第一印象といっても過言ではありません。ですがエントリーシートは普段の生活に馴染みがないため「初めてエントリーシートを作成するから心配」「何をどのように書いたら良いのか分からない」そんな人もいると思います。

今回の記事では、企業の立場からエントリーシートの基本的な作成方法と、文章を書くコツをお伝えしていきます!

本番の就活ESでも活用できますが、まずはインターンESで慣れておきましょう。

企業が学生にエントリーシートを提出させる目的って?

学生のみならず、企業側もインターンシップを有意義なものにしたいと考えています。企業の担当者はエントリーシートを通して、学生のインターンに参加したい理由や勉強してみたいことを知ろうとしています。また、そこからインターンに熱意を持って参加してくれそうな学生を探しているのです。

エントリーシートと履歴書の違い

多くの場合、どちらも住所や学歴・連絡先などの個人情報を記入します。その点では同じですが、エントリーシートと履歴書が大きく異なる点は自由記述欄にあります。

履歴書では、ある程度は記入項目の型が決まっており、質問項目のレパートリーがかなり限定されています。

一方のエントリーシートでは、企業ごとにオリジナルの質問が設定できるようになっています。インターン先企業の業種・募集職種・会社の考え方の違いによって、さまざまな質問が設定されていることが特徴です。

エントリーシートは企業へのラブレター

企業に興味を持った理由や、インターンへの意欲など、自分の想いを伝えるエントリーシートは企業へのラブレターのようなものです。

文章の書き方や表現の丁寧さなど、ある程度のビジネス的ルールはありますが、大切なのは自分の想いを伝えることです。表現にこだわるのも大切ですが、内容にもこだわってみましょう!

エントリーシートを書くときの7つの注意点

エントリーシートを書いていると、「伝えたいことはあるんだけど、どう言葉にしたら良いのか…」と悩んでしまうことがよくあります。そこで、ES作成に役立つ、文章が格段に伝わりやすくなる7つのコツをご紹介します。

①簡潔な記載を心がける

「エントリーシートはラブレターのようなもの」と上述しましたが、インターンシップにかける想いが強すぎるあまり文章が長くなりすぎてしまうと、要点が伝わりにくくなってしまいます。

書き終えた後に文章を読み返し、同じ意味合いの表現を繰り返していないか、エピソードを詳しく書き過ぎていないか、確認してみましょう。

②1つの文に1つのメッセージ

伝えたいと思うことをすべて文章にしてしまうと、伝わりにくい文章になってしまいます。原則として、1つの文章で伝えるメッセージは1つだけ。自分が一番伝えたいことは何なのか、十分に考えた上で文章を作ってみましょう。

③結論から書く

文章の読み手は「この人は何を言いたいのだろう?」と気になっているものです。結論を最初に持ってくることで、相手は安心感を覚え、話をより受け入れやすくなります。

結論とは「一言でいうと何か」のこと。自己PRであれば自分の強み、志望動機であれば自分がその企業を選んだ理由など、言いたいことを一言でまとめた「結論」から文章を書き始めましょう。

④自分の経験を書く

エントリーシートを結論から書き始めた後には「なぜその結論に至ったのか」という理由を説明する必要があります。説得力を持たせるためにも、できるだけ自分自身が実際に体験したエピソードを元に文章を書くようにしましょう。

実体験に基づいた話であれば、結論まで至った経緯がイメージしやすく、伝わりやすさがグンと上がります。

⑤具体性を持たせる

文章の結論はある程度抽象的になってもかまいませんが、結論に至った経緯やエピソードは具体的に説明するようにしましょう。具体性が乏しい文章の場合、裏付けとなる説明が不足してしまい、選考官に伝わりづらくなってしまいます。

いつ・どこで・何を体験して、そこから何をどのように考えたのかなど、5W1Hを意識しながら書くことで具体性が増していきます。

⑥誤字脱字・話し言葉の確認を徹底する

7つのポイントの中でも、誤字脱字・話し言葉の確認は特に注意が必要な項目です。

普段の生活ではあまり注意されることありませんが、社会人として働くなかで誤字脱字はご法度です。言葉の間違いは気をつければ防げることであるため、相手からの信用を一気に下げてしまいます。

また、企業と学生とのファーストコンタクトともいえるエントリーシートでは、選考に大きな影響を与えます。

1.書きあがった文章を声をだして読み上げる。
2.友人や先輩、両親など第三者にも文章の間違いを確認してもらう。
この2つを徹底して行いましょう。

⑦面接に繋がる内容を書く

企業によっては面接を行う際に、エントリーシートを参考にして、学生に質問をする場合があります。

選考過程で面接があると事前に分かっている場合、あえて細かい内容までは触れずに、質問したくなる文章にすることも1つのテクニックです。難しいテクニックではありますが、この機会に挑戦してみましょう。

インターンのエントリーシートでよくある3つの質問パターン

インターン生を受け入れるにあたって、企業側が事前に知りたいことにはいくつかのパターンがあります。ここではよくある質問3つをご紹介します。

当インターンにエントリーした理由を教えてください(志望動機)

企業担当者は「学生がインターンに積極的に取り組んでくれるのか?」を知りたいと思っています。もちろん、明確な正解があるわけではありませんので、自分の素直な気持ちを伝えましょう。

インターンシップへの意気込みを教えてください

インターンシップを通して学びたいこと、体験してみたいことは何なのか。具体的に説明し、自分の想いを発信しましょう。ただし、自分のことだけを考えているようでは、合格点には届きません。

企業担当者は学生がやりたいと思っていることが、インターンシップを通して実現できるのかどうかを気にしています。まずは事前説明会や企業ホームページなどで、インターンプログラムに関する情報を確認しましょう。そこから自分が積極的に取り組んでみたいと思ったことを書くことで、ミスマッチを防ぐことができます。

‌あなたの強みを教えてください(自己PR)

自分の強みとは、すなわち長所のことです。これまでの人生で経験したことや努力したことなど、エピソードを交えながら長所をPRしましょう。

注意点として自己PRはひとりよがりに聞こえてしまいがちです。周囲から受けた他己評価を参考に、内容を考えてみましょう。

応募の前に!エントリーシートを書き終えたらWチェック

エントリーシートにおいて、もっとも重要なのは「内容が伝わるか」ということです。自分ではちゃんと書いたつもりでも、第三者から見ると情報が不足していたり、相手に意図がズレて伝わったりすることは、よくあります。

ですが、エントリーシートを提出できる機会は1度しかありません。できれば友人や家族など周りの方の協力を得ながら、しっかりと自分の伝えたいことが届く文章になっているか、確認してもらいましょう。

冒頭でも述べた通り、エントリーシートの提出は企業と学生が接点を持つ最初のポイントになっており、エントリーシート=第一印象といっても過言ではありません。

充分に想いが伝わるよう、練りに練ったエントリーシートを作りあげましょう!

「あいのりインターン」を経験してみませんか?(参加費無料)

1回の参加で4社のインターンが経験できる福岡発のプログラム、それが「あいのりインターンシップ」です。

気になっていた地元企業はもちろんのこと、これまで名前すら知らなかった一風変わった優良企業とも出会えるチャンスです。4日間であなたの目に映る世界が大きく変化する新感覚インターンシップを体験してみませんか?

あいのりインターン無料申込

コメントを残す

*